恥の多い人生を・・・うただ☆ひかりの暗い過去

うただ☆ひかり

こんにちは!うただ☆ひかりです♪
こんにちは。三毛猫のぷーこにゃん。

ぷーこちゃん

今日はちょっとバリバリレビューと言うよりは、自分の昔話を紐解いていこうと思います。

いろいろとまぁ思う所あり、ここらで一度自分を振り返るのも悪くないかと。

あんまり愉快な話ではないかも知れませんが「明るいうただ☆ひかり」というプロフィール詐欺的な部分も心苦しかったので、この機会にぶっちゃけてしまおうと。

よろしければお付き合いくださいm(_ _)m

 

なんかいつもとテンション違うにゃん。
ぷーこが見るにひかり別に暗くないにゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

今日はそんな気遣わんでいいよ。
彼のことも言っちゃうしw
・・・!
あの尋常じゃなく泣きわめくあれにゃん?
あんなんぶっちゃけて大丈夫にゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

いやいや、そこまで読んでくださってる方にはわかっていただかないと。
根アカのふりも不誠実でしょうよ。
ぷーこのお腹べっちょべちょになるくらい泣くこともかにゃ?
絶望してぷーこに瀬戸内の小島への逃避行をギャン泣きで持ちかけてくることもかにゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

おいちょい待て。
テヘペロ☆

ぷーこちゃん

ちなみにこの記事の画像、内容に則していくとちょっと救いなさすぎなので、かわいいリアルぷーこちゃんや私が最近撮ったステキ写真を脈絡なく差し込んで毒を中和しようと思います♪

精神汚染がちょっと進んだな、と思われたらステキ写真で息抜きしてください(・∀・)

 

プロフィール画像詐欺疑惑!私、全然明るくないんです。

よくメルマガ登録やコメントで「楽しくて面白い」とか「明るくポップなブログ」とかの評価をいただくんですが、実は人間としては「明るくポップ」なとこの対極にいますw

本当はキャラクターは「ハデスのりこ」ってのでやろうと思ってたんですよね。
冥界の損切連鎖を覗いてきた闇落ちキャラでした。(頭にヤギの角生えてる系)

まおゆうの魔王みたいな感じですね!


引用:TVアニメーション まおゆう魔王勇者 O.S.T.まお盤

おっぱいの・・・
おっぱいの大きさはどうするつもりだったにゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

いや、そこも詐欺らない方向で・・・
ならよろしい。

ぷーこちゃん

 

弱音や毒吐きまくりっていう、素の自分に近いキャラで「これなら無理なく運営できるぞ!」と自信満々だったのですが、お師匠に「暗すぎて無理」とあっさり却下され、今のパッと見が陽キャラなうただ☆ひかりに相成りました。

そして一年やってきましたが、暗い素の部分を出してないためどうしても「キャラクターの人格の部分が弱いな」ってことに気付き、今回ぶっちゃけて、もう少し素のうただ☆ひかりを見ていただこうという魂胆です。

まぁもうちょっと正直に言うと

陽キャラのフリしんどいw
正直私めっちゃ陰キャラなんですよ。

ジムとかヨガにも行かないし、女子会とか女子旅もないし、お酒も飲めないし飲み会すら年に何回あるよ?ってくらい仙人的な生活ですw

外食もったいないから超自炊してるw でも料理手抜きwww 無論痩せないw

彼いなかったら全くしゃべらない日とか普通にあるので、声帯が速攻退化しそうなくらいには人と接しない生活をしています。

なんならリアルぷーこちゃんのほうがよく喋ってるYO!

クライアントと打ち合わせは行くけど、基本的に営業めっちゃ下手やからサンドバッグになることも珍しくないし、地味に逆ギレして帰ってきたりとかもあって、まぁコミュ力は高い方ではないです。むしろ低い。間違いなく。

でもこれで「あいつ思ったより暗い」「メルマガも暗くて重そう」と思われてしまうなら、もうそれも仕方ないくらいには覚悟しています。

 

念の為の解説
陽キャラ・・・陽気な性格の人を意味する俗語。「陽気なキャラ」あるいは「陽気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陽気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの上位に位置する、いわゆるクラスの「イケてる」人やグループの総称として用いられることも多い。
引用:weblio 陽キャラ

陰キャラ・・・陰気な性格の人を意味する俗語。「陰気なキャラ」あるいは「陰気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陰気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの下位に位置する、いわゆるクラスの「イケてない」人やグループの総称として用いられることも多い。
引用:weblio 陰キャラ

 

でもね。
多分、こういう人そんなに少なくないと思うんです。実は。

最近でこそ少し「陰キャラで何が悪い?」みたいな風潮がありますが、まだまだ世の中「明るく健全な人間、俗にいう陽キャラ」が暗黙の了解で求められてるなというのは私も感じています。

でも無理なもんは無理!

生まれと育ち単位でちょっとやらかしてる人は根っこがこじれてるからそう簡単に陽キャラとか無理!

 

ただ一方で
「陰キャラってずっとしみったれてることもない」とも思うんです。

陰キャラでも「くらーいつらーい苦しー」ってのを千と千尋のカオナシみたいに抱えて生きていかなくても、するっと何かに包んで消化できる時まで保留してラクに生きるってのはできると思います。

人間年とってきたらちょっと図太くなるし、そういう解決のしようのない重ーいのは時間薬的なものに丸投げでもいいと思うんですよね。

向き合ってたら病むし非常に非生産的。ていうか解決せーへんもん。

 

ちょうど今の私がそんな感じで「ま、いっかー」っていい意味で諦められてる状態です。

そうなるに至った経緯を私の半生も交えてお話していきますね。

 

リアルスパルタw 頼れるものは己のみを身をもって教えられた幼少期

私は三人姉弟の長子です。一番上のお姉ちゃん。

長子って「お年玉一番長くもらえるからいいよなー」みたいに言われますが、手を挙げる親の場合、殴られる期間も長子が一番長いんですよねw

お年玉同様、終わる時も姉弟同時やから長く生きてる分長くもらえる愛の鉄槌w おトクwww

父はあらゆる意味で性差を考慮しない人だったので「よく親父に殴られたわー」って男性くらいには私もビシバシいかれたと思います。

そのお陰もあり、よく周りからは「男前やなー!」って言われる振る舞いが多いようです(・∀・)

代償に女らしさってかけがえのないもの失ってるけどな!

 

やんちゃしててよくぶたれたって人は少なくないと思いますが、私の父はノンアルだけど気分で殴ってくる人だったので、小さい頃は過剰に人の顔色を伺うようになっていました。

どこに導火線あるかわからんかったから、ほんと地雷原歩いてる気分でした。

たまに一面地雷で、動いたらやられる(何言っても結局殴られる)って無理ゲーな時も多々ありましたがw
(きっと「理不尽」はこの時学んだ)

一戸建てに住んでたにもかかわらず、物理制裁付きのクレームがめっちゃ身近(父)からくるので、ハンターハンターのキルアかな?ってくらい足音たてずに動くクセもつきましたw

これは今でも私の特技の一つですね!

 

そんなこんなで「のびのびと」とは対極の幼少期でしたが、小学校高学年くらいの時いつもどおり
「お前らなんかいらん!出て行け!」と怒られました。
その時はもう「ほな出ていきますわ!(もちろん口には出してない)」と我慢できなくなり、弟二人と結託して家出することにしました。

かねがね母方の祖父母からは「なんかあったらタクシーで帰っておいで!おじーちゃん払うから!」とは言われていましたが、電車で2時間の距離をタクシー使うとじーちゃんの財布一大事ってことはさすがに小学生でもわかってたので、車で40分ほどの伯父の家まで歩いていくことにしました。

じーちゃんの財布救ったのはさすがだにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

それにそう言ってたんばーちゃんやったしねw
ばーちゃん自分の財布はwww

ぷーこちゃん

 

子どもの浅知恵で、小学生三人が幹線道路沿いをただ歩いているのは不審に思われると思って、飼ってた犬の名前を時折呼びながら歩いて「逃げた犬探してます」って雰囲気で家出風味な怪しさを中和しているつもりでした。まぁめっちゃ心配そうに見てるおばちゃんとかいてはったんですけどw

今は「逃げたん犬ちごてお前らや」ってツッコミいれたいですねw

最初むっちゃ盛り上がって「父にキャン言わせたれ!」と思って出てきましたが、晩ごはんも食べずに無鉄砲に出てきたので、腹減りと比例してやる気もなくなっていき、誰からともなく「帰るか」って雰囲気になって結局引き返してきました。

まぁ気分で家出したらこんなもんです。

 

一番もめたのは「家入る時に誰が声かけるか」ってことでした。

結局、双子の絆を最大限に活かした弟たちにじゃんけんで負けて私が「た、ただいま・・・?」となんとも情けなく声をかけるはめにw

 

ハイパーお説教タイムの時に弟の一人(睡眠多く取らないといけないタイプ)があろうことかあくびして、阿修羅化してる父に頭を壁に叩きつけられて壁がヘコむってハプニングがありつつも(弟はたんこぶで済んだ)、一旦終わってとりあえずご飯を食べられるようになりました。

でもお腹空いてたのになんかほとんど食べられへんかったんを覚えています。

母は「心配したんやで!」と泣きながら抱きつくとかもなく、「はい、ごはん」と淡々としていました。

それがまた居心地悪いの悪くないのってw

その日は微妙に凝ったごはんだったので、そこはちょっと悪かったなと思います。二度とそのメニューを目にしなかったので、母の中でもそれなりに嫌な思い出になったんでしょう。

 

ごはんを食べ終わってから父の部屋に呼ばれて3人で行くと、父に「なんで家出したんや」と聞かれました。

「お前らなんかいらんって言われたから、いらんのかって思って。」と答えました。子どもだから受け取り方もレスポンスも素直です。

でも父は「いらんわけあるかい!」と言って泣き出しました。

父はめったに泣く人じゃなかったのですごくびっくりしたのを覚えています。

その時は「父、泣くんや」くらいにしか思いませんでしたが、後からあれがあったから「子育てが絶望的に下手なだけやってんな」とある意味諦められるようにもなりました。

 

父も母も愛情表現が絶望的に下手なだけで、彼らなりの最大限の愛情を持って育てられたのかも、と今は思っています。

 

父は「部屋が汚い」「ダラダラしてる」というまっとうなことで怒ることもあれば、我が家の就寝時のアイドル犬(ミニチャダックス)と一緒に寝る順番で、少し口ごたえをしたら翌日からの家族旅行はハブられて家に置き去りにするなど、斜め上の理由で怒ったりと様々でした。

そんな地雷に囲まれた家の窮屈さ(というかめっちゃ抑圧されてた)は嫌で仕方なかったので、大学はかなり無理を通して祖母の家から通うようになりました。

弟の片方も同じ考えだったらしく、全寮制の高校に行くので私と同じ時期に実家出ることに。

残った弟はさぞ可愛がられたろうとお思いかも知れませんが、同時にパタリと父の物理制裁もなくなりました。

 

そんな理不尽マンな父、教えもなんともまぁ殺伐としたものでした。

  • 他人と同じことしてたら他人と同じ。抜きん出たかったら倍努力しろ。
  • 頑張ったかどうかなんてどうてもいい。結果を出せ。

速攻矛盾してるw
褒めて伸ばすとか皆無だった父の教育方針w
とりあえずまあめっちゃ頑張ってほしかったんでしょうね。

でも少々頑張って勉強しているのを見ていても成績がイマイチなら「あんなん無駄やったなw」とバッサリいかれるのが日常でした。

 

ちなみに父は自営業で、40代前半に独立して法人を立ち上げ、そこそこあった家のローンを20年ほどで完済し、その合間に先物で2,000万円飛ばしたり、お水のおねーちゃんに1,000万円以上貢いだり、100万円単位の詐欺には年数回ひっかかるなど、金回りはいいけど出ていくのも早い人でしたw

でも一人で朝から夜中までストイックに仕事をしていた背中は今思い出しても尊敬の念が湧き上がってきます。

なんやかんやで、私は父が嫌いではなかったです。もちろん母も。

 

そんな父は最初「医者、弁護士などの国家資格のある職業しか許さん!」と言っていましたが、私が「芸大いきまーす♪」とかすりもしない分野に脱線したため、父も「子育てって思うようにいかんっぽい」って初めて気づいたようで、弟二人の進路は特に口出ししませんでした。

この件に関しては弟に「ねーちゃんが派手にドロップアウトしてくれたから助かった」とガチで感謝されましたw

 

さらに小学生の時から営業マンばりに「結果出せ」と成果至上主義の父に鍛えられた私たちは、社会人になっても割と完璧に仕事こなすマンに仕上がっていました。

会社はいる前に「仕事なんで」ってメンタルができあがってたのですw
それなんて社畜の英才教育w

でも社会人でもそこそこやっていけるマインドを植え付けてくれたことに関しては、結果的に姉弟一同感謝していたりします。

お陰で私たちはちょっとやそっと褒められても褒められてるとわからないくらいの不感症になり、今でも時折周囲の人を困惑させていますがw

ひかりは褒められるの苦手にゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

苦手っていうか、どう反応していいやら、どう受け取っていいやらホンマにわからんねん。
こんな時、どういう顔をすればいいのかわからないの。
笑えばいいと思うよ。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

・・・(ニタァ)
(あ、思ってた以上にキツい)

ぷーこちゃん

 

周囲に馴染めず、リアル家なき子かまされた学生時代

弟二人はそんなこともなかったんですが、私は学校でも馴染めず、一時期は身体に原因不明の痛みが出るレベルで学校も家も落ち着ける場所はなく、本当に「死んでしまおう」と思ったことが何度もありました。

今思っても「よく死なんと生きたなぁ」と当時の自分を褒めてあげたいです。ってか抱きしめてあげたい。

間違いなく人生で一番つらかったのは中学生の時です。

私だけ小学校の途中で転校したというのも影響が大きいと思います。(弟は小学校始まるタイミングだった)

 

引っ越し前、片道40分かけて畑や工場を眺めながら小学校に通っていた時は素朴で素直な子たちが多かったのですが、転校した先の学校は勉強ができておませさんが多い学校でした。

いきなり今まで付き合ったことがないタイプの子たちの中にほりこまれた素朴な田舎娘の私は、なんとか数年分の運を使い果たし、胃を痛めながらも4年生を終えました。

5年生の時は初対面で「めっちゃかわいい!」と一目惚れした女の子と仲良く過ごしたんですが、どうやらその子はクラスにめぼしい子がいなかったので消去法的に都合良さそうな私と一緒にいただけで、6年生の時は私ではなく別の子と仲良くしだしました。

 

純朴な私は「3人で仲良くしたらいいやん!」と思っていたんですが、その子は、キュロットにTシャツをINするという当時最先端にダサい格好を平気でやっちゃうファッションセンスまでピュアな私に嫌気が差していたらしく、近寄ってくる私を排除するようになってきました。

当時はトップスの裾は出すのがナウかったんですよw っていうか私もキュロット限界まで引き上げてたから本当にダサかった。

その子も、その子と仲良くしてる子もほんと可愛かったんですよね。

 

私は「去年仲良くしてたのになんで!?」と信じられませんでしたが、あからさまに無視されたり、間違えた風を装って私の悪口が書かれた手紙を渡されたりしていくうちに「あ、嫌われてるんや」というのをようやく理解しました。

今は「私といたら一緒にいたらスクールカースト的にレベル下がるから嫌やったんやろな」というのがわかりますが、当時はスクールカーストという概念は言語化されておらず、小学生たちの深層心理にある暗黙の了解というか、人間の本能的な階級付けくらいのただよう雰囲気みたいなものでした。

 

その学校は勉強・運動・容姿が優れている子ほど優位で、優れていない子ほど冷遇もしくはいじめられるというのが顕著な学校で、スクールカーストをいち早く取り入れていたと言っても過言ではないように思いますw

私は勉強・運動・容姿どれもがイマイチなので、カーストの最底辺。それを小学校6年生の時に自覚しました。

そんな不毛な先取りw

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

やから「スクールカースト」って言葉聞いた時、あまりにしっくりきてびっくりしたよ!
言語化が最近なだけで、きっと昔からあったんだにゃん。

ぷーこちゃん

 

「近づくからいじめられるんや」と思った私は誰ともつるまず一人でいるようにしました。

ヒソヒソ悪口を言われてるのはわかりましたが、直接やられるよりはマシです。

でもそれも退屈になったのか、そのうち何もしなくてもちょっかいをかけられるようになりました。

 

リアルに
ちょw おまw
こっちくんなwww
って思っていましたw

 

詳細は気分がいいものではないので避けますが、トイレで水をかけられる、クラスの全員からローテーションで殴られる等々、家なき子が流行っていたのもあり、結構えげつない目のいじめを受けるようになったので、6年生の3学期はほぼ不登校。

家で両親とどんな話をしたかはあんまり覚えてないんですが、厳しい父も「学校にいけ」とは言わなかったと思います。
(自営業なので学校に行ってないのにはさすがに気づいてたはず)
卒業式には出ましたがもちろん泣くこともなく、速攻帰宅しました。

 

 

そして中学は同じ轍は踏むまい!ということで華麗に中学デビュー☆とはならず、むしろいじめの後遺症で著しく人と話したくない性格になり、加えて坂を転がり落ちるように落ちていった視力のお陰で目つきも悪いという、性格・風貌ともに最悪な状態で中学生になりました。

人と話すのが怖いので美容院にも行けず、
切りなさすぎてお尻くらいまで髪がありました。

うただ☆ひかり

これ、きっとコミュ障あるある・・・。

しかし新しいクラスには私を知ってる人がほとんどいなくて、仲のいい友達もできたので、コミュ障気味なとこはありつつも、中学1年生は中学校で一番楽しく過ごしたのを覚えています。

この時に美術部に入り、絵を描くことに没頭していきました。

でも悲しいかな。
絵が少々うまくてもいじめられるやつはいじめられるんですよねw

 

中2もほどほどに仲のいい友達が出来て機嫌よく過ごしていましたが、中3になって、中1の時に仲が良かった子と再び同じクラスになりました。

最初はその子と同じ部活の子もいたので3人でつるんでいましたが、また徐々に雲行きが怪しくなってきました。

そしてクスクス笑いながら無視されるようになって「またこのパターンか」と絶望しつつも、割とさっさと見切りをつけ、それからその子に関わるのを一切やめました。

 

私が抜けて仲良し4人組になっていたんですが、なぜか3人はそのうち一人をハブリだし、ハブられた一人は「ハブられた者同士仲良くしよー♪」と私のところに来たので(もちろん私をいじめてた)心底びっくりしたのを覚えています。

もちろん仲良くできるはずもなく、塩対応してたらいたたまれなくなったのか、その子も一人になりました。
ボッチ仲間増やしたったwww

その後先生になにか言われたからか一同謝ってきたり、でもまたすぐにいじめてきたりという揺れ動く女心を嫌という程堪能し、そこに男子が加わったりとカオスな状態で小学生の時よりは地味ーな精神攻撃メインのいじめを受けつつ、中学校も精神的にギリのラインで卒業しました。

 

 

この頃には絵を描くことに没頭して、美術部の友だちとコミケで便箋売るという謎のアグレッシブさがありましたが、この辺でバランス取ってたのかも知れません。

えぇ、BLこそ薄っすらとしか知りませんでしたが、
立派な腐女子になりかけてました。

るろ剣BL本(蒼紫×左之助というマニアックジャンルw)を友だちが貸してくれて、BLとはなんぞやを知ったものです・・・。

大学に入った時に弟と当時のことを話しましたが「あのまま成長せんで本当に良かった」と言われた時には「弟もそんな心配したくなかったろうに」とちょっと申し訳ない気持ちになりました。

弟よ、案ずるな。
姉ちゃんはひっそり電子書籍でBLを嗜んでおるぞ。

 

その電子書籍、今年の確定申告で彼に詰められてたにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

そうそう!存在バレて見せろって詰められたね。
タイトル音読したら諦めてくれたけど。
タ、タイトル音読・・・
(ごくっ)

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

うへへ。聞きたい?

 

人付き合いがトラウマw 人との距離がわかんない

小中と二度に渡って「仲が良かったはずの子に裏切られる」という憂き目に遭った私が出した結論は「仲いい子つくると裏切られるから仲良くならんかったらいい」でした。

これだけ見たら中二病みたいやけど、本当にこの時は真剣にこう思ってたんです。

 

そんな感じで高校はもう人にかかわらずにやっていこうと思っていましたが、厄が明けたのか、高校ではいじめられることもなく、6人くらいのグループですが仲のいい子もできました。
(小中学校の歳に厄年ないけどw)

高校の時の友だち、美術部の人とは今でも会います。
もうざっと20年の付き合いですね。

 

ただ、高校も大学も、特定の「一番仲のいい親友」と言える子はいなくて、その仲間たちみんなと仲がいいという状態です。

これがきっと私が見出した着地点なんでしょう。

 

私は今でも友だちに悩みを打ち明けるということもなく、相談するということもありません。

というか私から連絡を取ることがほぼありません。

誕生日くらい?

未だにこちらからアプローチしていいことがないというトラウマがあるようです。
不思議と大人になってから仲良くなった人とはそういうことはないんですが・・・。

 

 

よく「子どもの頃に戻れたら」という話が出ますが、私の答えは
「戻りたくない!」です。

あんなんもう一回とか無理。今度こそ死ぬ自信ある。
やり直すならむしろ来世に期待したい。

北欧の牧畜やってるハイジの世界観みたいなところでひっそり生きて死んでいく人生を次はやりたいです。

 

呪われてるかのごとく父不在の男性を好きになるw

そんな人様にはあまり言いたくないような学生時代を送ってきた私も、ちょいちょい好きな人はいました。

小中時代はほとんどいませんでしたが、高校生からはしっかり「この人が好き」と思えるくらいには好きでした。

こう書くと案外恋に生きてるのか?私。

 

今の彼を含めて4人好きになったんですが
4人ともお父上がいらっしゃらない
という謎な共通点を持っていました。

 

もちろん「自分、おとんおるん?」なんて聞くわけもなく、完全に偶然です。

3人目が前の彼で、お父上は生死不明(お母様が言いたがらない)で、その時にすでに「この共通点なんなん」と思っていましたが、今の彼もお父上は離婚していないと知った時は倒れそうでした。

未だにその理由はよくわかりません。

でも私の偏執的な恋愛対象を見ていると、何かしら理由があるような気はします。

 

受け取って!私のヘヴィ級の愛!秋田犬ばりの忠誠心を受け止められる相手

ちなみに私、若干人間不振なきらいもあるので、簡単に男性と付き合うということが出来ず、18歳で初めて彼氏ができてから、
今の彼氏が二人目
という身持ちの堅さですw

前の彼と5年付き合って、今の彼は13年の付き合いですね。

つぶしきかねぇぇ!重いぃぃ!

 

自覚はしてるんですが、私のお付き合い、重いんです。
ライトさ皆無。ポップ感もなし。パワー系ディフェンダーのごとく重厚感のみ。
ダークソウルの玉ねぎ剣士ことカタリナさんみたいな?


引用:ファミ通

 

長く続いてるから細く長くの付き合いかと思いきや、お互いの人格に影響を与えるくらいには長い時間一緒にいてました。

前の彼と別れたのは今の彼を好きになったからなんですが、今思えばさもありなん、なんです。

前の彼、めっちゃめちゃ優しくって。
私のアクが強いから、優しい彼はだいぶ私に引っ張られて「私が生活のすべて」みたいになっていました。
(同棲はしてないし、お互い一人暮らしでもない)

その時は私が彼をグイグイ引っ張っていくってところがあったんですが、そうすると
私ものすっごく性格悪くなってきて、
家族にも迷惑をかけるレベルでした。

 

父のスパルタ教育のおかげで「己のチカラで生きていく」ということはできたんですが、抑圧がきつすぎてそれが「自分主体ではバランスを崩す」ということに今の彼と付き合いだしてから気付きました。(遅い)

前の彼と一緒にいる終盤はすでにバランスが崩れて、忠誠心を向けるところがなく、ほうぼうに当たり散らしてたんですね。

 

この頃には少し自覚していました。
私、秋田犬みたいって。

秋田犬って、主人と認めた人にはとことん従順ですが、そうではない人の言うことは聞かないそうです。
主は自分が認めた者のみ!

私にとっては彼(未来の旦那候補)は主であり、その人は自分より秀でた人でないと忠誠を尽くせないという関係性です。

これは生まれ持った性質なのか、父の英才教育によるものかはわかりませんが・・・。

 

確信ではないんですが、私はおそらく生きていく原動力が自分の中になくって、常に外に求めてきました。

幼少の時はだいたいの行動原理が「父の逆鱗に触れないよう、怒られないよう」でした。

勉強などはその最たるものです。「お前らのためやぞ!」とは言われていましたが、私たちは父に怒られないために勉強をしていました。

自分のための努力を初めてしたのは多分、大学受験のときだけ(それも家を出たい一心)。

 

ゲームとか絵を描くことは大好きだったので、それは自分のためにしていたと思います。ゲームは今もそうですね。

 

原動力が自分の中にないとなると、よく言えば「人のため」なんですが、正確には「自分のために人のためにしないといけない」というややこしい状態です。

呪いかよw

前の彼は私とそこは似ていて、私に原動力を求めたので、私とはうまくいかなくなりました。

 

最初は自覚していませんでしたが、結果的にそういう意味では理想的な人間であると認めたのが今の彼氏です。

今の彼は原動力も欲求もすべて自分の中にあって、私がそれを手伝うのは当然だと思っています。

私は悪くいうとある種の道具扱いですが、実はそれくらいの方が気楽だったりします。

(さすがにこんだけ付き合い長いと普通の彼女くらいには大事にしてくれますがw)

 

 

今の彼とは件のブラック企業で出会い、彼の策略どおり彼を好きになったんですが、彼の誤算は
私がここまで執念深く粘着質であるということ
でしょう。

彼、サクッと遊ぶだけのつもりだったんですよねw
とんだベアトラップにひっかかったなw

 

ただ、彼のすごいところは、
クッソ重い粘着質な想いもスッと受け流せるんです!

普通の人は少々罪悪感もあって逃げ出したくなると思うんですが、
彼は「よきにはからえ」って素で言えるんですよね!

今までこんなに図太い人見たことない!

私はすごく衝撃的でした。

今の彼は私がいなくなっても、アイ・アム・レジェンドみたいな状態になっても生きていけるような、ちょっと人間的に微妙な感覚が欠損してる人なのでその部分には全幅の信頼を寄せています。

 

そこまで重いものが彼に集中しちゃってる理由

もしかしたら子どもがいたりすると、この重いものは子どもと彼に分散してステキな愛情になるのかも知れません。

でも実は、私は子どもをつくる気はないんです。
理由はやっぱり私の育てられ方です。

したくないとは思っていますが、子どもをぶっちゃうのが怖いんですよね。

 

私はまだ「生んでくれてありがとう」とは思えてなくって、自分がお腹を痛めて生んだ子にこんな想いを抱かれ続けながら生きていくのはつらいなーと思っています。

不思議と両親に「育ててくれてありがとう」とは思ってるんですが。

昔は「なんでこんな私にした」という恨みがなかったと言えば嘘になりますが、もう30もとうに過ぎると「まぁしゃーないやん」と諦められるようになります。

「両親子育ての熱の入れ方のベクトルがちょっと斜め上やったからな。まぁしゃーない」って。

許す、赦すとかって大層な話じゃなくって、諦めるってやる気ない選択肢も案外ラクになるもんです。

 

でも私は自分の子どもに「しゃーない」って諦めながら生きてほしくはないので、私のとこではなく、他の大切に育ててくれる人のとこで今回はよろしく、と思っています。

そうなるとは限らへんけど、私の人生のトレースは絶対やめといたほうがいい。しんどいだけ。

勝手ですねw

 

ちょっとスピリチュアルな話になりますが、私は輪廻転生を信じています。
多分、この人生も何回目か。
前かその前の人生あたり、子沢山の肝っ玉母さんやってたんじゃないでしょうか。

だから今回は「自分のために生きる」がテーマなのかな?と思ったり。
でもそうやって生きたことがないから、まだ探り探りなんです。

死ぬ何年か前には自分のために生きられるようになってるか、来世あたりはかなり上手に生きられるようになってんじゃないかなーって思うんです。

そういう意味で、彼はすごくいいお手本なんですよね。自分のために生きるって。傍若無人に、自分のしたいことを何のプレッシャーもなくやってく毎日。

普通の神経してたら、彼女が働いてるのを傍目に遊ぶってあんまりできひんと思うw
マイペース通り越してフリーダム。

今気付きましたが、私が彼に異様な執着を持ってるのはこれかもしれません。
人生を好きなように生きる、良いお手本。

 

8割本気で織田信長の生まれ変わりと思ってる彼のいいところ

彼の名誉のために言っておくと、彼がとある事情(私起因ではない)で結婚しないこと以外はあんまり不満は持っていません。

逆に結婚してくれたらあとなんでもいい。特に不満はない。

ただ、この一点がものすっごく不満で、
10年以上論争になってるんですけどw

 

こう言うと私はものすごく従順な奴隷みたいですが、小さい身近なところでは自分の欲求をバリバリ出しますw

やれ、肉が食べたい、寿司が食べたい、ケーキが食べたい、ひつまぶしが食べたい等々・・・。

もしくは旅行に行きたい、遊びに行きたい、長時間の釣りは嫌、レーシェン(MHWの)は苦手だから嫌、等々、結構わがままを言っています。

 

これらに対して彼のレスポンスは良くないですが、私が爆発するちょっと手前でガス抜きするように彼が仕向けます。

最低の労力で私を維持しようとするその匙加減の絶妙さがまたムカつきますが、もうこの際それは彼の才能なのでよしとしています。

 

そして私がかなり彼に信頼がおけているのは、悪い人間ではないということです。

それなりに正義感があり、自分の中のラインを超えなければそれなりに自分の労力もいといません。

私のプレゼント魔的な性癖も理解してくれているし、単純な目先の損得ではなく、長期的な目線でも考えてくれ、そういう意味ではケチではないところも好きです。

 

もう一つ安心できる要素としては、彼もあまり親に目をかけられた方ではない(今で言う放置子)ので、キラキラした家庭に夢を持っていないところです。

ただ、彼は強いのでそれをものともせず、小さい頃からたくましく生きてきたそうw
私みたいにトラウマなんてないw

「大事に大事に、ほったらかされた」
というのは彼の数ある名言の一つですw

でも彼も親子関係は普通に良好で、ゆくゆくは親の面倒を見ていくという気持ちがあり、そこの温度差がないのも大きいです。

あとはまぁ・・・ただのノロケになるのでやめときますw

人生100年時代w 冬までいけるようになんとか頑張るwww

そんなこんなで私の暗い過去をそこそこぶっちゃけてきましたが、いかがだったでしょう?

ドン引きされたり、生易しいわと鼻で笑われたり、途中で寝かけた方もいらっしゃると思いますが、まぁだいたいこんな感じです。

不思議と誰かを恨むって気持ちはあんまりなくって、両親は「仕方ない」って思うし、いじめてきてた人たちは「会うこともないから心底どーでもいい」ってのが本音です。

いじめてた人たちに例え謝られても「あ、はい」で終わるし、面倒なだけやし。
どっかでのたれ死んでも、幸せに暮らしててもどっちでもいい。
会いたくないって気持ちだけはありますが。

それくらい私の中では何回も反芻しすぎて擦り切れた過去になりました。
思い出すとやっぱりしんどいんですけどw
でも昔ほどじゃないな・・・。

 

こうやって書いてわかりましたが、私は生きづらい人に「あんまり無理しなくていいよ」とか「真っ向から受け止めなくても諦められる時がくるよ」とか言いたいのかもしれません。

あとは自分の既定路線を決めすぎてしんどくなっちゃってる人。

保障とか頼れない今の時代だから、自分のチカラで好きに生きちゃっていいんじゃない?とだいぶ人生の既定路線から大きく外れた私は思います。

 

もう自分の人生だし、好きに生きたらいいよって。
会社員とか専業とかもうそんな話じゃなくって、本当にやりたいことやればいいやんって。

私の場合、それが彼と生きることなんですが、まぁ結婚するっていい出すのはいつかっていうw
こんなちっぽけなことでもいいんです。やりたかったら。
まぁ彼とならいろいろ面白いことがありそうな気はしてるんです。

とりあえず自分の足細くしないとなんですけどね・・・。

最近よく言われる人生100年時代。
25歳までを春、50歳までを夏、75歳までを秋、100歳までを冬とする定義になっています。

私の身内男性、
冬になる前に亡くなる傾向なんですがw
女性は冬までいくんですけど・・・。

ともあれ私の歳ではまだ夏真っ盛り!
夏終わるまであと14年あるやーん!
ちっぽけな願いを叶えつつ、好き勝手生きてみます♪

 

でもスッキリした☆

これで気合い入れて来るべき親の介護や、甥っ子姪っ子のため、あとは彼の刀購入資金のためにガンガン稼いじゃおうと思います♪

頑張ってるうちに、自分のために頑張りたいことも見えるかも。

人生なんて一回こっきり思わんと
気楽に好きに生きたらええねんw

 

ここまで読んでくれてありがとうにゃん♪

ぷーこちゃん

お役立ち情報を無料でゲット♪ひかりのメルマガ「パラレル☆マネーメール」

このメルマガは一体何にゃん?

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

こいつぁアブない情報をアングラでお伝えするメルマガですよ・・・。
ウラのウラまでしっかり丸裸でさぁ。

ウラのウラはオモテにゃん。イキリすぎにゃん。

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

手厳しい・・・!
でもウラもオモテもネットビジネス初心者の方にもわかりやすくいろいろお伝えしていくよ!

よくわからんけど登録しといたら損はないにゃん?

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

えぇ、損はさせませんよ。

ふむ、励みたまえ。

ぷーこちゃん

 

パラレル☆マネーメール登録はこちら♪

 

メルマガでは、ブログには書けないウラ情報や稼げるイチオシ情報など、ネットビジネスや投資・アフィリエイトのことを初心者の方にもわかりやすくお伝えしていくのがこの「パラレル☆マネーメル」です♪

 

そして私がリアルビジネスでフリーランスとして10年生き残ってきたノウハウも、読者限定で「個で稼ぐチカラ」を得るための思考や手法、情報としてシェアしていきます!

なんだかんだでリアルビジネスでクライアント直取引のフリーランス10年以上やってきてるので、「個で稼ぐ」という点では年季入ってますよ!

実は会社員やってた期間よりフリーランスのほうが長くなりました(*´∀`*)

 

その他にも数々の失敗を経てやっとアブナイ商材と稼げる商材を見分けられるようになった私なりのコツや、いち早くおすすめ稼げる商材の情報もおとどけします♪( *´艸`)

たまに日常ネタもあったりなかったりw

「お前いっつも何考えてんの?」と気になる人もぜひ(笑)

メルマガ限定企画もあるのでどうぞお楽しみに☆

パラレル☆マネーメール登録はこちら♪

登録情報はメールアドレスとニックネームのみ♪
メルマガ解除もワンクリックでお手軽にできます。

 

突拍子もないプレゼントするにゃん!
まずはぷーこをお届けにゃん!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

マジか、お前どこ行くの?

メルマガ読者プレゼントも企画しているのはガチw
※ぷーこちゃんはお届けしません。

 

 

しかし結局稼げる商材ってあるのかにゃん?
もう探すの大変にゃん。

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

そういうと思って私が実際に身銭切って買って試したやつがあるよ!
皆様のために人柱やっときましたw

マジか。確かにひかり、削れてるにゃん・・・!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

精神がね!
体積そのままよ。

ひかりの犠牲、無駄にしないにゃん・・・!
ひかりの遺作はこちらにゃん。

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

いや、死んでへんわい。

 

実際に買って、厳しく検証した商材はこちら↑で紹介しています♪

ひかりが代わりに試しておいたにゃん。
ちょいちょい失敗引いて血みどろなのは内緒にゃん。

ぷーこちゃん

 

無料メール相談受付中

ひかりに一体なにを相談するにゃん?

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

ネットビジネスのお悩みをご相談いただければ。
いろいろやって挫折もして、やっとこさかせげるようになった私が懇切丁寧にアドバイス!

倍返しでアドバイスにゃん!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

そう、その勢い!

5通くらいお返事するにゃん!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

いや、それタダのスパムや。

 

「稼げるネットビジネスって一体どれ?」
「何から始めればいいの?」
と迷っている方も私に一度相談なさってみてください♪

酸いも甘いも噛み分けてきた私が優しく、時に厳しく(?)あなたに合ったネットビジネスをご提案します♪

相談してみて、モヤッとした流れがスルッと変わることもありますし、お気軽にどうぞ!

 

ただ、無責任なアドバイスはできないので

  • 今までしてきたネットビジネス
  • パソコンに向かえる時間
  • 興味のあるネットビジネス
  • 商材購入の予算

も合わせて教えてくださいね!

私は「お返事用テンプレ」は用意しておらず一通一通しっかり考えてお返事しています。

なので結構長文ですw

ひかりのねちっこさが垣間見えるにゃん。

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

そこは丁寧って言っとくれよw

 

 

せっかく何かのご縁でこのブログに
辿り着いてくださったので、
「ちゃんとやれば稼げるんだ!」
と相談してくださった方には
実感していただきたいと思っています。

私があなたを稼げないノウハウコレクターから
卒業させちゃうのでお覚悟を。

気楽ーに相談してみてくださいね♪

ぷーこも精一杯アドバイスするにゃん!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

メールお返事してる時にゃんにゃんうるさいの、あれアドバイスなの!?

ぷーこの生きる知恵を伝授してるにゃん!

ぷーこちゃん


うただ☆ひかり

え、思いのほか深いw

ぷーこちゃんの生きる知恵もありませんし、お返事は1通だけなのでご安心をw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。