無料!収益メディアのつくりかた講座 

【2023年】令和のTwitter攻略が変わる?表示回数で実態を見抜け!

ひかり

こんにちは!ひかりです。

ぷーこちゃん

Twitter、イーロン・マスク氏が買収してからめっちゃ仕様変わってるにゃん。

ひかり

表示回数が外から見えるようになったのも大きいよね!

ぷーこちゃん

インプレッション数が見えてきて、ちょっと不思議な現象も出てきてるにゃん…。

そう、Twitterの数値などが可視化されて「あれれー?おかしいなー?」ということが出てきてるんですよね。

わかり易い例で言うと「表示回数の割に異常にリツイート・いいね数が多い」のは、Botやツールを使ってかさ増ししている事が多いです。

そこで今回は、かさ増しアカウントの見分け方と、彼らの狙い、可視化されることでこれからのTwitter攻略がどう変化していくか、などを解説していきます♪

目次

怪しいツイートを見分けるにはTwitterの表示回数に注目

Twitterの怪しい(いいね・リツイートが異常に多い)ツイートの見分け方は実は簡単です。

例えば、アカウント開設後すごく話題になったタッキー。

タッキーレベルになるといいね・リツイートも万単位ですw

Twitterの埋め込みでは表示されない部分のスクショがこちら。

1,654.8万件表示されて、1.1万のリツイート、19.8万件のいいね

圧倒的ですね…!

しかし、表示回数からすると、リツイートは0.06%、いいねも0.1%止まりです。

タッキーレベルになると裾野が広すぎるかもしれませんが、バズったツイートでも表示回数に対してリツートが2%を超える例はなかなか見つけられませんでした。

という前提を覚えて、見ていただきたいのがこちら。

いいねとリツイートは多いけど表示回数が少ない

1,016件の表示に対して499件のリツイート、504件のいいね…!

リツイートもいいねも50%と驚異的な数字です!

そしてリツイート、いいねがほぼ同数というのもあまり見たことがないですね。

そう、怪しいツイートは
表示回数の割にリツイート、いいねが多すぎる
というのが特徴です。

ひかり

なぜこうなっているかというと、自然にリツイート・いいねされたのではなく、ツールやBotを使ったからです。

ぷーこちゃん

自動化の闇ィィ…。

さらに他にもこんな特徴があります。

英語名のアイコン未設定のアカウントがリツイート

リツイートしているアカウントの中に

なぜかひたすら朝のあいさつのみなのに、0フォローで20〜100前後のフォロワーがいる、英語名の不思議なアイコン未設定アカウント

がいくつかあります。

みんなそんなに朝の挨拶、見たいか…?

おそらくは、リツイートばかりだと怪しまれるとか、垢バンされるとかの対策で最低限つぶやいているのだと思いますが、不思議な風景です。笑

そしてこの不思議なアカウント、似たツイートをリツイートしています。

多いのはFXの自動売買や、そのためのオープンチャットへの誘導のツイートですね。

Twitterの怪しいツイートの狙い

このツイッターで見られる怪しいツイートの狙いは主に以下の3つが考えられます。

  1. いいね・リツイートをかさ増しして権威性を上げる
  2. すごそう!いいのかも!と思わせてLINEなどに登録させる
  3. LINEで直接販売、他アカウントへ誘導、教育などをする

「いいね・リツイートをかさ増しして多く見せることで、権威性を上げる」とは、この場合は

「すごそう!」「この人からなら有益な情報が貰えそう!」と思わせて、LINEなどに登録させるのが目的です。

気になる集客の成果は…?

FX自動売買系は登録者は1000人くらいとまずまず。

それでも複数のアカウント(少なくとも10は確認)に同様のかさ増しリツイートをさせまくっていることを考えれば、かなり効率は良くないように思えます。

ちなみに、SNSとブログ集客系のアカウントで同様のかさ増しツイートをしていましたが、500以上のリツイートをしていたも関わらず、LINE登録者は4名(うち一人はひかり)でした…。

ぷーこちゃん

自動化してのTwitter集客、なかなか厳しいにゃん?

ひかり

成果として厳しいのは事実だね…。

表示回数の可視化で「SNS集客の自動化・グループのTwitter攻略」はいよいよキツイ

表面的な数字はツールやBotで稼げるものの、表示回数はごまかせないので、操作された数字だということがひと目で分かるようになってしまいました。

ひかり

つまり、ひと目でインチキがバレるということです。

さらに言うと、TwitterをはじめSNS集客を自動化したものが、もともと効率が良かったわけではないので、これからより一層厳しくなっていくことは明白です。

仲間内でリツイートして拡散するグループも、やりすぎてシャドウバンされたり、表示回数が極端に減ったこともありました。

どんなツイートをタイムラインに表示させるか、Twitter社のさじ加減ひとつで一夜にして変わります。

なので今までのように「単純にこの手順を踏んでツイートすれば広まる」のではなく「今、Twitterはどんなツイートを表示させるようにしているか」などを研究する必要が出てきます。

つまり、顧客層だけでなく、Twitter社にもウケるTwitter運用が必要です。

これはまぁまぁの難易度になってきます。

実際に、5000以上のフォロワーがいるアカウントでも「フォロワーの10分の1も見てない」と嘆いている事態です。

【2023年】令和のTwitter攻略法は変わる!

ということで、令和というか2023年からはまたTwitterの攻略方法が変わる可能性が非常に高いです。

それはツールを導入するなどの小手先でどうこうなるものではなく、結局は本質的な集客が重要になってくるでしょう。

つまり、

  • ターゲットに刺さる有益なツイートを1日数回する
  • 他のユーザーともコミュニケーションを取る
  • いいねやフォロー、コミュニケーションを通して認知を拡大
  • ツイートだけでなく独自の図解などの画像も用意する

くらいの努力は最低限必要ということです。

ぷーこちゃん

さらに言うと、フォロワーが増えても稼げるとは限らないにゃん…。

ひかり

フォロワーを集めてどうマネタイズするか?まで設計しないとTwitter一本での収益化はかなり厳しいよね。

イーロン・マスクのさじ加減ひとつで一夜で変わる

さらに「この手法、いいかも!」と思ったものでも、Twitterの仕様やシステムが変わってしまえば使えなくなることもあります。

実際に今まで自分のツイートをまとめられていた「モーメント機能」も突如廃止になり、混乱したユーザーもいました。

スペースも一瞬「無くなったか?」と噂されていましたね。

今回の突如として表示回数が出てきたのもTwitterの仕様変更の一つ。

このように、Twitterが同じ環境であり続ける可能性はゼロであり、その都度新しい環境に適応していく必要があります。

ひとつのプラットフォームに依存した集客は無理ゲー

今回のTwitterの仕様変更のように、ひとつのプラットフォームに依存しての集客は非常に厳しいことがわかってきました。

これはTwitterだけではなく、Instagramしかり、TikTokしかり、YouTubeしかり。

ひかり

有名YouTuberのラファエル氏が「収入が10分の1になった」と吐露した記事が話題になりましたね。

生き残るには、ひとつのプラットフォームに依存するのではなく、ラファエル氏のカレーパン屋さんのように、複数の収益の柱を持っておく、もしくはつくれるようにしておくことが必要です。

SNSだけでなく複数の柱を持つことが大切

ラファエル氏は知名度という武器があるので、YouTubeがだめになってもいくらでも打ち手があります。

では、無名な人や匿名アカウントはどうリスクヘッジをすればいいか?

ひかり

ハブのメディアを持ち、複数の集客ラインを持つことです。

例えば、SNS・動画・SEOのどれもからハブのメディアにほどほどに集客ができれいれば、一つがだめになっても他のラインがあるので集客はゼロにはなりません。

そしてSNSや動画はアカウントがバンされたり凍結されたりすると、もうそこで終わりです。

積み上げたものもすべて消えてしまいます…。

しかし、積み上げたハブのメディアがあれば、代わりのアカウントをつくればリカバリーはできます。

集客とセールスをSNS上で完結させずに、SNSとメディアを使い分けることも有効なリスクヘッジの一つです。

事実、私はこちらの手法でTwitter集客にあまり力を入れなくても、他のラインからの集客で収益を上げ続けられています。

まとめ

今回は「【2023年】令和のTwitter攻略が変わる?表示回数で実態を見抜け!」として以下をお伝えしてきました。

  • Twitterの怪しいツイートの見分け方や特徴
  • その集客の成果の薄さ
  • SNS集客の自動化・既存のTwitter攻略の先のなさ
  • 2023年からのTwitterの攻略法について
  • SNSだけでなく複数の柱を持つ重要性

これからのTwitter攻略は今まで以上に小手先ではなく、本質的なコンテンツ力、集客力が必要になってきます。

それを初心者に攻略しろ!っていうほうが無理な話ですよねw

なので初心者の人ほど、まず最初にハブのメディアづくりをしつつ発信力を磨き、その発信力を活かしてSNSで集客するのが一番の近道だと考えています。

そんな自分のハブになる収益化メディアづくりについて無料で学べる講座もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ぷーこちゃん

ここまで読んでくれてありがとうにゃん!

無料メルマガ講座あります

ブログ歴4年、デザイナー歴17年のひかりが、アフィリエイトだけにとらわれない「収益メディア」のつくりかたをメルマガでお教えする無料の講座です♪

会社や他人に依存せず、ひとりで、しかも顔出しもしないで稼ぐことができる収益メディア。

数々の副業に失敗したひかりでも収益化でき、今でも続いているので再現性は折り紙付き!

おさらいシートPDFのプレゼントもあり、ワークやそのフィードバック、無料相談もできる受けて損はないメルマガ講座なのでぜひ♪

ぷーこちゃん

気軽に受けてみてほしいにゃん!

\プレゼント付きのメルマガ講座をすぐ受け取る/

ひかりが実際に試したおすすめ副業教材たち

こちらの記事ではひと目で分かるように一覧でジャンルごとのおすすめ教材をおすすめしています♪

副業初心者の方から中級者の方まで買って「損した!」とは、意地でも言わせないものばかりを掲載しました!

(私が購入して実践したもののイマイチ…と感じたものはもちろん掲載していません)

これから副業を始めたいけど、何から始めたいかわからない方はぜひ目を通してみてくださいね!

メルマガもやってます♪

このメルマガでは、ブログには書けないウラ情報や稼げるイチオシ情報など、ネットビジネスや投資・アフィリエイトのことを初心者の方にもわかりやすくお伝えしていくのがこの「パラレル☆マネーメール」です♪

そして私がリアルビジネスでフリーランスとして10年生き残ってきたノウハウも、読者限定で「個で稼ぐチカラ」を得るための思考や手法、情報としてシェアしていきます!

なんだかんだでリアルビジネスでクライアント直取引のフリーランス10年以上やってきてるので、「個で稼ぐ」という点では年季入ってますよ!

実は会社員やってた期間よりフリーランスのほうが長くなりました(*´∀`*)

その他にも数々の失敗を経てやっとアブナイ商材と稼げる商材を見分けられるようになった私なりのコツや、いち早くおすすめ稼げる商材の情報もおとどけします♪( *´艸`)

たまに日常ネタもあったりなかったりw

「お前いっつも何考えてんの?」と気になる人もぜひ(笑)

メルマガ限定企画もあるのでどうぞお楽しみに☆

登録情報はメールアドレスとニックネームのみ♪
メルマガ解除もワンクリックでお手軽にできます。

副業無料相談も受付中♪

「稼げるネットビジネスって一体どれ?」
「何から始めればいいの?」
と迷っている方も私に一度相談なさってみてください♪

酸いも甘いも噛み分けてきた私が優しく、時に厳しく(?)あなたに合ったネットビジネスをご提案します♪

相談してみて、モヤッとした流れがスルッと変わることもありますし、お気軽にどうぞ!

ただ、無責任なアドバイスはできないので

  • 今までしてきたネットビジネス
  • パソコンに向かえる時間
  • 興味のあるネットビジネス
  • 商材購入の予算

も合わせて教えてくださいね!

私は「お返事用テンプレ」は用意しておらず一通一通しっかり考えてお返事しています。

なので結構長文ですw

ひかりでした♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 二個目のコメントになります。
    先ほど他の記事で取り合えず思い立ったらすぐにとコメントした者です。
    気になってこちらのプロフィールを拝見しました。
    面白そうな方だなと思い話してみたいなと至りました。
    他所のコメントにも書きましたがブログを新たに始めようかと思ってどのような媒体?から始めればいいのかなと疑問に思っています。
    ひかりさんのこのブログみたいに作りたいと思ったらどうすればいいのか・・・
    無料の相談ができるメルマガってありますがそれはひかりさんに何か得はあるのでしょうか?
    質問の仕方が悪かったらごめんなさい。まずは飛び込む勇気ということで(笑)

    • kennnaruさん

      コメントありがとうございます♪
      たくさんコメントいただけて嬉しいです!
      こちらの収益メディアのつくりかた講座では、どのように収益メディア(ブログや自分のサイト)をつくるかを動画付きで解説しているので、わかりやすかと思います(*´ω`*)
      https://money-mikeneko.com/lp/media/
      ぜひぜひご覧になってみてください♪

コメントする

CAPTCHA


目次