消費者庁が広告主に措置命令。これからどうなる?アフィリエイト

うただ☆ひかり

こんにちは!うただ☆ひかりです♪
こんにちは。三毛猫のぷーこにゃん。

ぷーこちゃん

今回は消費者庁が初めて「アフィリエイト」に措置命令を出したあらましを紐解いていきます♪

日経新聞の記事が出た時、ちょっと界隈がざわついたにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

実は措置命令自体は6月に出てたんよね。それを日経が記事にして、界隈が認識したという流れが正しいかも。
何か新しく法律で決まったこととかがあったにゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

記事を見る限りそれはなさそう。アフィリエイターを規制していくのは行政効率が悪いから根本の広告主を見せしめに吊し上げて、広告主にリスクを負わせるかたちでアフィリエイターにも無茶な動きをしないよう封じるような感じ?
じゃあ広告主が消費者庁に目をつけられないようにナイーブになって、アフィリエイターもそれを受け入れるしかにゃいってこのにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

だいたいそんな感じ。

ちなみにこの決定、
正直私は痛くもかゆくもありませんw
だってめっちゃ真面目にやってるもん。

ではでは順を追って見ていってみましょー♪

 

事の発端は消費者庁が大阪の企業を景品表示法に基づき措置命令を執行したこと

2018年6月15日に消費者庁は大阪の株式会社ブレインハーツに景品表示法に基づいて措置命令を出しました。

 アフィリエイトサイトで根拠のない過激な痩身効果などをうたわせて、消費者を自社ウェブサイトへ誘導し、健康食品などを販売したとして、消費者庁は15日、インターネット通販会社の(株)ブレインハーツ(大阪市北区、須野裕代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。同時に、合計2,229万円の課徴金を納付するように命じた。

引用:健康情報ニュース.com

その時の措置内容のPDFがこちら。
不当景品類及び不当表示防止法第7条第1項の規定に基づく措置命令
(PDFが開きます)

消費者庁はアフィリエイトサイトから自社サイトにリンクする際に、以下のお詫び文が消費者の目に触れるようにこのページへの動線も措置内容に含めました。表示内容がウソであることを消費者へ周知する方法としてなのだそう。

今回、消費者庁かなり容赦ナシですw


引用:http://www.brhts.com/

消費者庁では「消費者がアフィリエイトサイトを見て購入しようと思って、同社のウェブサイトへ移行したとしても周知文を見ることになる」(表示対策課)と説明している。

引用:健康情報ニュース.com

 

なぜこうなったかをざっくり説明すると

  • 痩せるって言ってたのに痩せない苦情も多い
  • 広告に『短期間で○kg痩せた!』と掲出してた根拠も出てこない
  • 『14,900円のところ今回限定価格2,980円』は14,900円で売った実績がない二重価格

というのが景品表示法の優良誤認表示と有利誤認表示に該当すると判断したので、今回の措置命令に至りました。
まぁ「広告主が言ってるほど効果ないし、言ってるほど安くない」と消費者庁に判断された結果です。

今回の措置命令で注目されたのは、この割と容赦ナシの「景品表示法に違反した事実の周知徹底の方法」です。

アフィリエイトサイトで同社の商品広告内のリンクをクリックすると、「お詫び」画面につながるようになっている。

消費者庁がアフィリエイトサイトへの対応を求める措置命令を広告主に出したのは初めて。今回はアフィリエイトサイトの個別の広告や記事内容について景表法違反を認定したわけではないが、同サイトを経由する消費者への周知が欠かせないと判断した。

消費者庁の大元慎二表示対策課長は「アフィリエイトについて広告主の責任を積極的に追及していくメッセージと受け取ってもらって構わない」と話す。

引用:日本経済新聞 景表法、ネット広告主に焦点

アフィリエイターにも、自身のアフィリエイトサイトからお詫びサイトへのリンクをするよう求めました。アフィリエイターへの違反認定は今回ありませんでしたが(今回はお目溢しだと消費者庁も言っています)、アフィリエイトサイトで事実誤認して消費者が商品を購入してしまった場合、広告主がその責任を取ったという実例になりました。
私としては今回の件は「広告主の広告文や内容にも大いに問題あったな」とは思いますが。

 

こちらの記事でも広告主がアフィリエイトサイトをきっちりチェックしないといけない流れになっているとしています。

 消費者庁が、「アフィリエイト広告」にここまで踏み込んだ対処を行うのは初めて。今回、アフィリエイターが作成したブログやくちコミの表示自体の違法認定には至っていない。ただ、広告主となる事業者は、今後、「アフィリエイト広告」の運用・管理の徹底にこれまで以上に意識を向けることを求められる。
 認定していない理由について消費者庁は、「認定も可能だが、(アフィリエイトサイトの数が多く)行政効率を考えた」とコメント。違法認定に至った場合の表示主体者は、「アフィリエイターが商品を販売していた場合は対象になるが、一義的には広告主」とする。ただ、健康増進法の場合は、対象者が「何人も」。広告代理店やアフィリエイター、ASPも対象になる可能性がある。

消費者庁からすれば「お前らわかっとうやろうな?」ってことですね(( ;゚Д゚))

 

無茶するアフィリエイトサイトでも責任は広告主に

今回、アフィリエイトサイトには違反認定はされていません。「違反認定も可能だけど数が多いから行政効率を考えた」とのこと。ざっくり言うと「アフィリエイター数多くてしんどいから元締め〆といた」ということです。
これからはアフィリエイトサイトが無茶やらかしても「お前ちゃんと見てへんからやろ!」と広告主が消費者庁に怒られる(そしてお金もめっちゃ取られる)流れになるのが見えてきます。
まぁ大規模なアフィリエイトサイトがやんちゃしてたらダイレクトに消費者庁がいくかもですがw

ということは、広告主も消費者庁に怒られたくないので「真面目に嘘つかんとやってくれるとこ探そ。嘘つくとこはこっちもリスク高いから嫌やわ」と目を光らせる事になります。「他のアフィリエイトサイトより売りたい!」と効能を盛ったりしてたところはこれからNGになっていく可能性が高いですね。

まぁそれが当たり前のことなんですけど。

 

情報商材界隈でいち早く動いたのは川島和正氏 メルマガのアフィリエイトプログラムを廃止

今回の措置命令はダイエット系の商品に出たのであまり周知されてなかったみたいですが、10月1日に日経新聞がわかりやすく報道したので、情報商材界隈の人たちも「俺ちょっとヤバいんじゃね?」ということで動いたところもあります。
日本一のメルマガ発行数を誇る川島和正氏です。


「アフィリエイターが不正をした場合も広告主が責任を取らないといけない可能性が高まった」と認識され、いちはやくリスクを取っ払おうと思われたんでしょう。
例えば、もしアフィリエイターが「このメルマガに登録するだけで月収100万円になる!」と言って登録させた場合「実際ならへんやろ!」と詰められるのは川島和正氏なので、そのリスクを排したということですね。

ちなみにメルマガ自体がなくなったわけでもなく、メルマガに登録できなくなったわけでもありません。あくまでもメルマガ登録アフィリエイトプログラムの終了です。

私からしたら川島和正氏に限った話ではないですが、そんなリスクよりそもそも広告してる商材がヤバくね?と思っちゃいますねw
情報商材の場合、アフィリエイターも大概ですが
もっとヤバいのは広告主の方w

「月収100万円確実に稼げます!」
「何もしなくて年収1億円」
「100%確実に!返金保証あり!」

これらが実現した商材にお目にかかったことが未だありませんw

ヤバみしかない。

ぷーこちゃん

 

これからアフィリエイトはどうなっていく?

この措置命令から約4ヶ月たった今、グリーンシェイパーのアフィリエイトサイトから上記のお詫び文にリンクしているサイト私は見つけられませんでした。
株式会社ブレインハーツで検索して上記のお詫び文が見つかったんです。

4ヶ月たった今、措置命令、遵守されてないw

リンク先が「ページがみつかりません」となっていたサイトもいくつかあったので、もしかしたら広告主がお詫び文のサイトを消した可能性もありますが、それはわかりません。
しかしリンクを外しただけ、自サイトがもう一つ開くというサイトがほとんどで、ひどいものでは別のダイエット商品にリンクしているものもありました。
アフィリエイターのリテラシーも依然低いままです。まぁ逆に言うとグリーンシェイパーからただリンクを外している、もしくは違うダイエット商品へリンクしているサイトは信用できないという指標にもなりますがw

アフィリエイターから意識を変えていくのは難しいかもしれません。ほんとーにリテラシーと言うかモラル自体ない人も結構います。
だから今回も消費者庁は広告主に責任を取らす、というカタチにしました。そうすれば広告主がアフィリエイターを「自社の商品を売ってもらっても大丈夫な人か?」と審査するようになるので、必然的に信用に足らない人はアフィリエイトができなくなります。

コピペしただけのサイトをいくつも作って、過激な文言で消費者を煽って稼いでいた人たちにはこれからかなり厳しい時代になってくるかもしれません。
それに対して、誠実に商品のレビューをして、信用を築いていくスタンスのアフィリエイターは、逆にこれからビジネスチャンスが増えていくと思っています。

この一件が業界健全化の足がかりになるか?といったところですね。
私は後者であるように常に心がけていて、そうでありたいと思っています。
悪銭身につかず、
カルマってあるんですよ。
本当に。

今、特定の人物を思い出して「破滅しろ!」って思ってにゃいかにゃん?

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

えーちょっとしか思ってないよ?
ひかりを騙したヤツもいつか天罰下るから楽しみに待ってるにゃん。ヤツらにしつこい水虫になる呪いをかけといたにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

口内炎も追加でよろ!

そんな自分が恨んでる人と同類になりたくないですよねw

 

マネーの三毛猫的まとめ

まあ普通に考えて、自分のサイト来てくれた人に効果があるやないやわからん商品売りつけるって、人としてどうなん?って思っちゃいます。
少なくとも私は、私のサイトに辿り着いて、私を信用して紹介した商品を買ってくださった人に損させたくないし、ちゃんと稼いで幸せになってほしいです。
私のせいでちょっとでも不幸になっちゃうって、怖すぎる。

 

大儲けできなくても、喜ばれるようなサイトにしていきたいですね。
でないと長く続けられる仕事にならんもの。

仕事って楽しくないと続けるの厳しいです。もちろん、楽しくないこともあるけど、その中でも楽しさを見つけていくと、仕事のクオリティも上がるし、自分の精神衛生的にもいいです。
本業で言ったらベタベタの安売りチラシとか表を作るのが楽しくないですが、どんだけ激しく訴求できるか自分の中で戦ったり、いかに表を効率的に作るかを追い求めたりと若干ドMな楽しみ方を探しては実践していますw

ブログはそんなニッチなところに楽しみ見出さなくても普通に楽しいです♪記事増えてニヤニヤしていますw

それただの変態気味ドMにゃん。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

ドMはクライアントに「それはあり得ないっすね。無理っす」とか言わんよ。多分。
クライアントにそんなん言うなよ。猫缶のクオリティ下がったらぷーこお手製網タイツの刑。

ぷーこちゃん

うただ☆ひかり

それ私の足が血にまみれるやつよね・・・。

 

無料メール相談受付中

 

もし、思うように稼げてなかったり

損失になっていたら

お気軽にご相談ください。

私が相談したことで

堅実に安定した利益が

出せるようになったように、

きっとあなたの近道になるようなことが

お話しできると思います。

無料メール相談はこちらから

 

 

ひかりのメルマガ「パラレル☆マネーメール」

「今のままでいいのかな?」

「どうしたら現状を打破できる?」

「もっと悠悠自適に暮らしたい」

と思われている方は

ぜひ、一度登録してみてください。

パラレル(平行して)投資して

実際に稼いでいる私が、

稼げるようになるコツと、

最短距離を

メルマガでこっそり

お伝えします( *´艸`)

パラレル☆マネーメールの登録

うただ☆ひかりでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。